「ARESORADEMO / The Rough but Blue sky」

Premiere : 2nd March 2014 Sendai City
Choreography : Kenta Kojiri
Assistant : Yumi Sakurai, Mikiko Shinohara
Music : Boléro by Maurice Ravel(Arranged by Yorihide Fukushima), Boléro Paraphrase by Yorihide Fukushima
Costume : Rica Ono
Stage Manager : Shinobu Ishii
Stage Photo : Shuichi Saito
Musical performance : Sendai Philharmonic Orchestra (Conductor : Shogo Isobe)
Dancer : Mikiko Shinohara, Yuki Takaoka, Ryu Suzuki, Fumiro Hirama …
Promoter : Sendai HyperWind

_______________________________

「あれそらでも」

初演:2014年3月2日 イズミティ21(仙台市泉文化創造センター)
振付演出:小㞍健太
助手:櫻井由美、篠原未起子
音楽:ラヴェル「ボレロ」より (編曲:福嶋頼秀)、「仰げば尊し」
福嶋頼秀「ボレロ・パラフレーズ」
衣装 : 小野りか
舞台監督:石井忍 (舞台監督工房)
舞台写真:斎藤秀一
演奏:仙台フィルハーモニー管弦楽団(指揮:磯部省吾)
出演:篠原未起子、高岡優貴、鈴木竜、平間文朗ほか
主催:仙台ハイパーウィンド

「あれそらでも」
いつもの景色が遠くに過ぎ去り
雲になったからだがあれそらを流れていく
雷雲に覆われてもそれは支え合うからだ同士
わたしたちはみどりを越えるたびに
別れと出会いを繰り返し
手を取り合いカタチをかえ
あおぞらをさがして
うみの方へと流れていく

 

aresorademo_opening

aresorademo_line

aresorademo_finale

aresorademo_finale1

aresorademo_finale2

aresorademo_end

aresorademo_call